2019年9月24日火曜日

出展情報:「PACK2019 冒険!ダブルクロス」2019/9/20(Fri.)-9/29(Sun.) Post Territory Ujeongguk(韓国)



2019 PACK 冒険!ダブルクロス

会期: 2010/9/20(金) - 9/29(日)
会場: Post Territory Ujeongguk/42 Dokmackro 22-gil, Mapo-gu, Seoul (韓国)
( 탈영역 우정국/서울 마포구 창전동 독막로 20길 42)
運営時間: 平日 14〜20時/週末 14〜21時
入場料: 5,000ウォン
参加アーティスト:
BEM
TYM344
イ・イェスル
イ・スギョン
イ・ナハ
イ・ミジョン
イ・ミミ
イム・ソジン
イム・チャンゴン
大石一貴
カヤ・スタジオ
カン・ジョンインXユ・ジヨン
カン・ジョンソク
カン・ドンジュ
キム・デファン
キム・ハンセム
キム・ユンス
グァルホ
工藤玲那
熊倉涼子
グレイトマイナー
ジョン・ヒョンソン
ジョン・フィス
ドン・ソンピル
ノ・ウンジュ
ノ・サンホ
パク・グァンス
パク・ジヘ
パク・ユンジ
ホ・ヒョンジョン
ユ、六萠
ユン・ジョンイ
リュ・ハンソル
主催/主管:リサエク(Riverside Express)
企画総括:キム・ユニク、シム・ヘリン
企画協力 : ユン・テウン、紺野優希
グラフィックデザイン:マッカルソン
インストール:イ・ジュンヨン
音楽/音響:キム・ドンヨン
公演:Young Die、KISEWA
写真:イ・セン
後援:文化体育観、(財)芸術経営サポートセンター
協賛:ハンガンジュジョ
協力:Post Territory Ujeongguk
ホームページ:www.pack.systems
Instagram:@pack.info
Twitter:@pack__info
お問い合わせ: pack.leesaik@gmail.com


韓国ソウルでの展覧会に参加しています。
出展作家も展示空間もかっこいい展覧会です。
私はPACK2019内にある企画展「STATION!」への出展となっています。
お近くの方はぜひお立ち寄りください。

TYM344


2019年7月15日月曜日

出展情報:「gallery TOWED 1周年記念展」2019/7/12(Fri.)-7/28(Sun.) gallery TOWED


gallery TOWED 1周年記念展
会期:2019年7月12日(Fri.) - 28日(Sun.)
   13:00 - 20:00
   *金土日祝のみオープン
会場:gallery TOWED
   東京都墨田区京島2-24-8
   gallery-towed.com/5
入場:無料
出展:
安藤晶子
内田百合香
岡村芳樹
佐藤絵莉香
船戸厚志
村松佑樹
TYM344

祝 gallery TOWED1周年! トウドのような、美術を観せることに加えて買うことについて積極的に考えていくギャラリーは非常に貴重だと思います。2階も改装されウェブで販売している作品も観られるとのこと。美術を買ったことないけど買ってみたいという方、もちろんまたなにか買いたいなという方、おすすめです。
こちらに新作を出展中です。なおオープンは金土日のみなのでお気をつけください。
あとギャラリーがある墨田の街並みはとても面白いので、色々なにか見つけると思います。近所で色々買い食いしたり気になったお店に飛び込んでみたりしてください。このギャラリーもそういう点では浮いているようでこの色々見つかる古くも新しい街と馴染んですらいます。

TYM344

 

 

2019年7月14日日曜日

本を読むことについて

TYM344 - 太陽 (Sun) / Acrylic on Canvas / 72.7x72.7cm / 2016 / Photo: Masahiro Iiyama

本はほぼ毎日読んでいます。別に本を読むのが好きとか嫌いとかやれ一年で○○冊読めとかいやいや本読んだって意味ないとかそういう議論とはあんまり興味ないです。まずなによりも個人的な楽しみであり、私としてはとにかく単に毎日自分がそれまで知らなかった情報が入ってきてほしいという感覚があります。へーそうなんだ、いやあ今日生きてて得したなという感じです。「一日一つなにか教えて、そしたら僕も賢くなる」byアンディ・ウォーホルです。

だから別に本じゃなくてもそれができればなんでもよいんですが、でも本はすごい短い時間でも摂取が可能です。しかも安い。文庫なんかだと1000円しない。古本で100円で買ったっていい。知らないことを知るには時間的にも金銭的にもあまりにも効率が良いです。本当に良い本だと(こういうブログみたいな)冗長さとか一切ない。YouTubeもまま見ますけど何かを知るために見る動画なら日本語だったら2倍速で見ます。

さて、読んでいるのは何かを論じたり説明している本ばかりです。小説とか物語っていうのはどうも読めなくて、いつもこれはなぜだかわかりません。たぶん、話の流れは(原則)時間の流れだから、それを読んでる途中で一旦やめるのがちょっと嫌なんだと思います(一気に最後まで一冊読むまとまった時間なんて絶対無いし、もし時間合っても一気に最後まで読まなくちゃと思って本を読んだことがありません)。一方、何かを論じている本は、論の構造だけがあって時間の流れは無いので、ちょっと読んで中断したり時間をおいて再開してもちゃんと頭に入ってきます。ぱっと四次元的に掴むほうが好きみたいです。
ただし、小説をろくに読まないくせに一時期真面目に小説を書こうと思っていたことがあり(いまでも書きたいですけど)、物語の類型とか脚本術とかをせっせと勉強していた時期があって、なんかそういうのは好きみたいです。でもそもそもの書くエネルギーというか原動力っていうのはきっとそういう構造に関する興味とはまた別でしょうね、それが別でありまた一体でもあるっていうのは、自分は作品を作っているからわかります。時期が来たら小説書いてみたいですね。

ひとつ話が戻りますが、小説はいまいち入り込めない私ですが人の自伝は読めることに最近気が付きました。なぜなのかはまだ解析できていません。自伝をつづるその人に興味があるからというのはもちろんあるでしょう。もしかしたら、自伝は本質的には物語ではないのかもしれません。その人の考えや発想やそれに基づく行動が現実とどう反応したかの記録集のようなもので、論と検証という意味では、なにかを論じているような本と同じなのかもしれません。自伝だろうが何かを論じたものだろうが、遠い昔の誰かが今自分の目の前に現れて自分だけになにか教えてくれているわけですからね。いずれにせよすごい贅沢なことです。

TYM344

2019年7月11日木曜日

出展情報:「TAV GALLERY 5th Anniversary Exhibition『MID CORE』」2019/7/6(Sat.)-7/21(Sun.) TAV GALLERY


TAV GALLERY 5th Anniversary Exhibition「MID CORE」

会期:2019年7月6日 (Sat.) – 7月21日 (Sun.)
   13:00-20:00
   *水・木は休廊
会場:TAV GALLERY
   東京都杉並区阿佐谷北1-31-2
   03-3330-6881
   tavgallery.com/midcore/
入場:無料
出展作家:
磯村暖
UMMMI.
遠藤麻衣
オートモアイ
金藤みなみ
草刈ミカ
熊倉涼子
縄文族
真珠子
菅原玄奨
鈴木操
高田冬彦
田中かえ
TYM344
永井天陽
中島晴矢
PERMINUTE
林千歩
彦坂尚嘉
馬嘉豪
MES

TAV GALLERY 5周年おめでとうございます。
私は今春に描いた作品(「ミー・マイセルフ・アンド・アイ」)を出展しています。
アニバーサリーというのはそれぞれが自らについて考えるよい機会だと思いますので、この作品をこの展覧会へ出展できたのはとてもラッキーだと思います。
全体としてもさすがTAVというキレたセレクションになっているのでぜひ展覧会へ足を運んでみてください。

というわけで最後に一曲紹介。ブログはこういうの便利ですね。

De La Soul - Me Myself and I (1989)

TYM344

2018年8月1日水曜日

「絵を描く」というのがどういうものなのか

TYM344 - スコップ (Shovel) / Acrylic on Canvas / 100x80.3cm / 2015

ふつう「絵を描く」というのがどういうものなのか、いまだによくわかっていません。私の描き方は単に私の考えからつくられていて、これはもともと私が音楽家だったのが影響しているのかもしれません。音楽というのは、部分と全体とが関係して構成されていて、非・具象的で、非・意味的で、非・言語的です。音楽は、何かを再現して意味を紡ぐというものには本質にはなりえず、音の集まりやその効果が本質といえるでしょう。私が絵を描こうとするときもそれと似ていて、何を描こうというのは念頭にはなく...いや確かに何を描こうということを念頭におくけれどもそれによって捻出しようとするものはそれではない、そういう感じです。

私は、「これを描くことによってこういうことを言いたい!」だとか、そういうのはありません。もちろん人間ですからその時に言いたいことがあってそれを入れたとしてもそれはあくまで副次的かつ比較的小さい射程のものです(絵にメッセージが入っていたとしても、絵=メッセージというわけではありません)。確かに、あれこれいろんなことを考えて言うのは好きです。いろんなものに興味がありますし、自分が考えている以上それらは否応なくすべてが関係してきます。でも、私が一番優先してつくり出したいのは、それぞれの要素が繋がっていった結果一つの決定的なかたまりになっている状況、一見無関係に際限なく広がっていく・散らばっているものたちにある共通項を見いだして串刺しにしてひとつの確定的な実体にする、そういう存在です

もちろん絵ですから何かを描くわけなので、なにが描いてあるかは説明できますが、しかしそれは絵に描かれたものの説明であって、絵の説明ではありません(絵自体の説明というのはどうも難しいのです。だからなんとかここで書いてみているわけですが)。

というわけで、絵の説明をはじめるとどうしても絵の外の話になってしまいます。外、と言ったのは、あたりまえですが絵に描いてあるものそのものは絵の外からやってきたからです。

作品を観る人は、論理的・言語的に絵に接近するとそこに何が描かれているかを考えますよね、すると意識が目の前の図像から絵の外へと飛んでいく。そうすると、絵そのものは、メッセージや意味を持たなくて済むのです。つまり目指すものに近づくことができるわけです。見る人はそこではじめて絵そのものに対峙できるわけです。わかりますか?

あるいはちょっと違う言い方もできます。何が描かれているか、なぜこれを描いたか、こういうことは人間の言語的論理性で考えられますから、絵の入り口になります。でもあくまで入り口なので、決して本体ではありません。この入り口から中へ入った瞬間、入り口が吹っ飛んでどこかへ行ってしまいます。観る人は、遠巻きではなくてその内部へ入っていって直接「それ」を尋ねられるわけです。

TYM344

2018年7月2日月曜日

「なんでもやっていい」はむずかしい?

TYM344 "HARD/SOFT" シリーズより (2017) 

我々は、たいていの場合、「なんでもやっていい」なんて言われてしまうと、途方に暮れてしまう。あるいは、少なくとも、「なにか好きなこと」をこなすだけの「創造的ではない消費者」になってしまう。そうではなく、「『これを使って』なんでもやっていい」、例えばこう言われると、よしひとつやってやろうという気になるものだ。ここで重要なのは、所与の条件や枠組みを遊んだり揺さぶったりしたいという欲求が、創造性を引き出すということだ。いまこの場所にあなたがいてあなたの周りにあるあなたとのあらゆる関係するものたちの総体だけでも既に一つの条件だし、視点を裏返したりズラしたりメタ化したりすれば増えていく。更にもっと他の条件や枠組みと思しきもののコレクションを増やして数百本の人生を生きれば、もはやどこででもなんでも生み出すことができる。

あなたは、生まれてからいままで数千の選択を重ねた結果および働きかけを受けた結果として、いまここにこのようなかたちで居る、そのため、条件をまったく無しにすることは実はできない。
しかしさっきの話を踏まえて言うと、その条件を認識しその条件に向き合えることさえできれば、それは救いなのだ。

TYM344

2018年4月6日金曜日

出展情報:弓指寛治個展「四月の人魚」2018年4月6日(金) - 4月29日(日) ゲンロンカオス*ラウンジ五反田アトリエ


弓指寛治さんの個展にフィーチャリングアーティストとして参加します。
私TYM344は新作2点を出展しています。

弓指寛治個展「四月の人魚」
会期:2018年4月6日(金) – 4月29日(日)
※月曜休廊
開廊時間:15:00-20:00

入場:無料
会場:ゲンロン カオス*ラウンジ 五反田アトリエ
〒141-0022 東京都品川区東五反田3-17-4 糟谷ビル2F
※こちらの会場は「ゲンロンカフェ」ではございませんのでお気をつけください。
Featuring Artists:
相沢僚一 / 青木美紅 / cottolink / さいあくななちゃん / 笹山直規 / TYM344 / 名もなき実昌 / 藤城嘘 / 柳本悠花 / 幸洋子




弓指さんとは「BARRACKOUT」展(2017-2018年)以来の共演です。
今回の弓指さんの大作がまた圧巻です。図像を読むために少し情報が必要ですが(行けば解説してくれるかと思います)、今回の展覧会のテーマとなったあるできごとの「向こう側」「続き」として描かれていると感じ、これが大変感動しました。
さらに弓指さんが選んだフィーチャリングアーティストも大変濃いメンバーで、これは面白くなりました。
ぜひぜひ、ご来場お待ちしております。

TYM344